【インタビュー】「どんどん成長している」信州一筋7年目の三ツ井利也が見るチームの現在地
Bリーグを中心に、Wリーグや学生バスケ、NBAなどさまざまなニュースをピックアップし、お届けします。

 2016-17シーズンから特別指定選手として信州ブレイブウォリアーズに加入し、今シーズンで7年目のシーズンを迎える三ツ井利也。外国籍選手や相手チームのエースに仕事をさせない堅実なディフェンス力が武器のスモールフォワードだ。

 チーム唯一の地元長野県出身プレイヤーでありながら、日本人の中では新加入の生原と共にチーム最年長となる三ツ井。そんな三ツ井はチームをどのように捉え、どのような目標を掲げているのだろうか。

※インタビュー全編はYouTubeで配信中

インタビュー全編はYouTubeで配信中

前田怜緒とディフェンスけん引「僕がダメなら怜緒がやってくれるし、怜緒がダメなら僕がやる」

―まずは昨シーズンの振り返りからお願いします

 まず、ディフェンスに関して言うと、去年に比べて動きも良かったですし、自分より小さい相手でも大きい相手でも守ることができていたので、そこは現状に満足しないで次もしっかりやりたいです。オフェンスに関してはスリーポイントの確率は前のシーズンよりも上げることはできたんですけど、やっぱそれでも全然なので、そこの確率を上げることと、そこからのドライブなどバリエーションをもっと増やしていくっていうことをこの開幕までにやっていきたいと思います。

―前田選手が加入したことで、ディフェンス面の負担が分散したと思うのですが、そのあたりはどのように感じていますか?

 怜緒のディフェンスは本当に魂を感じるようなディフェンスなんですけど、そういう姿勢を見せてくれてチームもパワーをもらったし、僕自身もすごく頼りにしていました。そこで僕が駄目でも怜緒がやってくれるし、例えば怜緒が駄目でも、僕がやるっていうふうにやれたというのは、正直大きかったというか、そこはすごく助かりました。

CSに足りなかったこと「怪我などを言い訳にしちゃいけない」

―昨シーズンはチャンピオンシップ(CS)にあと一歩届きませんでした。怪我人が多かったなどの理由もあるかと思いますが、ここを頑張らないとCSに行けないと感じた部分はありましたか?

 おっしゃる通り、怪我人がかなり出てしまって、満足してフルメンバーで試合がなかなかできなかったというのは心残りでした。

 けれど、チャンピオンシップに出たチーム、特に去年でいうと名古屋さんは、例えば外国籍が2人いなかったり主力がいなかったりしても勝ち続けていたチームだと思います。そういうときに控えのメンバーとか他のメンバーがステップアップして、チームの力を落とさずに戦っていました。実際、僕らも試合をしてボコボコにされましたし、そういうこと(怪我)を言い訳にしちゃいけないなっていうのは、そういうチームを見て思いました。

 そういうときこそ、控えメンバーがステップアップすることの大事さを去年学んだので、今年は同じことを繰り返さないようにやっていきたいです。

―三ツ井選手は昨季のチームの立ち位置はどのように見えていますか?

 あともう少しでCSに行けるという順位だったんですけど、そう考えるとやっぱり、3年前まではB2にいたチームですし、そこは本当にずっと僕自身ルーキーからこのチームでやってきて、コーチがずっと掲げている「日々成長」にふさわしいぐらいどんどんチームは成長していて、それがこういう結果に繋がっていると思います。

 そこは、すごく嬉しく感じるんですけど、全チームと比べると、チャンピオンシップに行くにふさわしいチームだと思っているんですけど、実際そこで勝てる力があるかと言ったらまだまだです。そこをしっかりつけていかないと、チャンピオンシップに出場した他の8チームに食らいついてくには厳しいなと感じています。

開幕戦はホームで先輩ザック・バランスキーと対決「やっとだな」

―開幕戦の相手がアルバルク東京ということで、ついにザック・バランスキー選手とホワイトリングで戦うことになりました。カードが決まった時の気持ちはいかがでしたか?

 一言で「やっとだな」っていうのが一番の感想というか。B1で2年間まずやって、(A東京との試合は)2回ともアウェー。昇格した頃から(ザックが)「ホワイトリングでやりたいね」ということは言ってくれていて、毎回組み合わせが出るたびに、試合会場で話をしたときに、「また出来なかったね」っていう話はしていました。

 やっぱり僕自身もホワイトリングという会場は、ずっとミニバスの頃から思い入れのある体育館ですし、ザックさんにとっても、決して忘れることができない体育館だと思います。ずっと高校でもやってきたし、本当にお互い思い入れのある体育館なので、プロで実際にザックさんが凱旋するっていうことは、僕自身もすごく嬉しいですし、今まで長野県のバスケットボールを見てきた人にとっては、どう思っているか分からないんですけど、たまらないんだろうなとは思っています。

 実際にホームの会場で、バチバチやり合っているところを見せたいですけど、マッチアップできるかまだ分かんないんで、マッチアップできたらぜひ応援してくださいっていう感じです(笑)

―最後にファンの方に向けて一言お願いします。

 いつもウォリアーズの応援ありがとうございます。これでシーズンも始まって、しっかりコンディション整えて、開幕戦でまた違ったウォリアーズをしっかり見せるように頑張るので、変わらず応援よろしくお願いします

※YouTubeで配信中のインタビューの一部を抜粋

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事