Bリーグ、2020-21シーズンはB1、B2ともに2地区制に

Bリーグは14日、2020-21シーズンのフォーマットを発表した。B1は10月開幕を予定。今季は降格クラブがなかったため、来季は従来の18クラブ3地区制を変更し、昇格2チームが増えた20クラブ2地区制となる。各地区上位3チームとワイルドカードの上位2チームがチャンピオンシップに進出権を得る。

また、B2からの昇格チームは4月24日の記者会見にて発表する。大河チェアマンは、新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れる可能性も示唆。最終的なシーズンの開幕時期は、遅くとも1か月前には判断すると説明した。

来季のフォーマット変更点は以下の通り

B1 2020-21シーズンフォーマット

項目2019-20 SEASON2020-21 SEASON
クラブ数18クラブ20クラブ
地区3地区2地区
地区内クラブ数6クラブ10クラブ
開幕時期10月10月
同地区対戦6回戦(30試合)4回戦(36試合)
他地区対戦2回戦
(任意の3クラブのみ4)
2回戦
(任意の2クラブのみ4)
CAMPIONSHIP
進出
8クラブ
各地区上位2クラブ
+ワイルドカード上位2クラブ
8クラブ
各地区上位3クラブ
+ワイルドカード上位2クラブ

B2 2020-21シーズンフォーマット

項目2019-20 SEASON2020-21 SEASON
クラブ数18クラブ16クラブ
地区3地区2地区
地区内クラブ数6クラブ10クラブ
開幕時期10月10月
同地区対戦6回戦(30試合)6回戦(42試合)
他地区対戦2回戦
(任意の3クラブのみ4)
2回戦
(任意の1クラブのみ4)
PLAYOFF
進出
8クラブ
各地区上位2クラブ
+ワイルドカード上位2クラブ
8クラブ
各地区上位3クラブ
+ワイルドカード上位2クラブ

※試合数60試合、平日節B1:12節・B2:4節にて変更なし
※2020-21SEASONリーグ成立は40試合実施とする

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事