Bリーグ1部 第1節スタッツランキング
Bリーグを中心に、Wリーグや学生バスケ、NBAなどさまざまなニュースをピックアップし、お届けします。

ジュリアス・マブンガ 異次元の活躍

10月2日から4日にかけて、Bリーグ1部第1節が各地で行われた。
今季から新たに富山グラウジーズに加入したジュリアス・マブンガは、古巣・京都ハンナリーズとの第1戦でキャリアハイ46得点を挙げ、昨季のリーグ最多得点であるシーホース三河・金丸晃輔の45得点をいきなり上回った。
また、第2戦では22得点10アシスト10リバウンドのトリプルダブルを記録し、開幕節2連勝の原動力となった。

得点ランキング

日本人選手の中でも高い得点力を誇る三河の金丸晃輔がサンロッカーズ渋谷との第2戦、高確率でシュートを決め今節のランキングに名を連ねた。

1ジュリアス・マブンガ富山10/346pts
2リチャード・ヘンドリックス新潟10/430pts
3ジョーダン・フェイソン京都 10/4 28pts
4金丸晃輔三河10/428pts
5セバスチャン・サイズ千葉10/427pts

リバウンドランキング

今季から千葉ジェッツに加入したセバスチャン・サイズは、三遠ネオフェニックスとの第2戦でゴール下を支配し、19リバウンドを記録。オフェンスリバウンドは7本獲得し三遠を圧倒した。

1セバスチャン・サイズ千葉 10/4 19reb
2ジョシュ・ホーキンソン信州10/417reb
3アイラ・ブラウン大阪10/316reb
4グレゴリー・エチェニケ広島 10/3 16reb

アシストランキング

今季怪我から復帰した大阪エヴェッサの司令塔、伊藤達哉は広島ドラゴンフライズとの第2戦で11アシストを記録。昨季、平均で8.5アシストを記録した富山のジュリアス・マブンガは第2戦で10アシストを記録。千葉の富樫勇樹は第1戦、第2戦共に7アシストを記録し、2年連続のアシスト王に向けて好発進となった。

1伊藤達哉大阪10/411ast
2ジュリアス・マブンガ富山10/410ast
3西山達哉信州10/48ast
4富樫勇樹千葉10/47ast
4富樫勇樹千葉10/37ast

その他主要スタッツ

宇都宮ブレックスの遠藤祐亮は琉球ゴールデンキングスとの第1戦で5スティールを記録。遠藤は試合後「チーム全体でディフェンス頑張った結果が勝利につながった」と語った。

ブロックランキング

1リチャード・ヘンドリックス新潟10/34blk
2前田悟など7選手3blk

スティールランキング

1遠藤祐亮宇都宮10/35stl
2齋藤拓実名古屋D10/34stl
3笹山貴哉名古屋D10/44stl

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事